新型出生前診断に必要な費用

新型出生前診断に必要な費用

新型出生前診断に必要な費用 新型出生前診断は、母体からわずか20ccほどの血液を採取するだけで、胎児の染色体異常の有無を調べることができるという点で非常に大きな注目を集めています。しかし、この診断を受けるかどうかを決めるに当たって、最も気になるのは必要となる費用が一体いくらくらいなのかという点でしょう。
基本的に言って、新型出生前診断は他の診療とは違い保険適用外の自由診療となっています。そのため、それぞれの施設によって多少の違いがあるとは言え、通常の検査の倍以上の金額がかかると考えられているのです。決して安くはない検査となるため、具体的にいくらくらいかかるかを確認しておくのはよいことです。一般に新型出生前診断には、20万円前後の費用が必要であるという点を念頭に置いた上で、新型出生前診断を受けるかどうかを真剣に考慮することができます。これには、初回と結果説明という2回分の遺伝カウンセリング料が含まれているという点も覚えておきましょう。

新型出生前診断は保険適用外?費用はどのくらい?

新型出生前診断は保険適用外?費用はどのくらい? もし新型出生前診断を受ける際、気になるのはその費用ではないでしょうか。出生前診断を受ける受けないを決める判断材料のひとつともなりうる価格面ですが、新型出生前診断は基本的には自由診療で保険適用外となり、料金は自己負担となります。保険適用外なだけでなく、各自治体からの助成金やクーポンの類も利用できない場合がほとんどなので、注意が必要です。
検査する施設により違いはありますが、約20~30万円前後が相場といわれています。新型出生前診断自体は母親の血液を採取するだけで、母体にも胎児にも非常にリスクが少ない検査ですが、経済面だけに関してはかなり負担の大きい検査となってしまいます。さらにこの新型出生前診断で何らかの陽性反応が出た場合、さらに詳しく調べるための羊水検査が必要となり、この検査も比較的高額な料金となります。
費用が高額となる検査なので夫婦で話し合って決める必要がありますが、検査できる期間も限られた検査なので、高齢出産となる場合は妊娠を望む段階からその先のビジョンを夫婦でしっかりと決めておくと良いかもしれません。