新型出生前診断の情報が満載!

日本でも新型出生前診断をうけることは可能です。

日本でも新型出生前診断をうけることは可能です。 新型出生前診断という言葉について聞いたことはあるでしょうか。
これはアメリカやカナダ、ヨーロッパを中心にすでに主流になっている出生前診断のことになります。
もともとアメリカがこの診断についての研究・開発をはじめました。
その革新的な診断方法から2011年にすでにアメリカでは臨床での使用が開始されました。
新型出生前診断は従来の出生前診断より簡単で安全、検査結果が正確という様々なメリットを持っています。
フランスやイギリスなどのヨーロッパの先進国もこの診断方法に注目し、今ではヨーロッパでも一般的になりつつある診断になります。
北米やヨーロッパに遅れる形となりましたが、2014年日本でもやっとこの診断が認可され全国の病院で新型出生前診断を受けることができるようになりました。
しかし、すべての病院でできるわけではなく、日本産婦人科学会などの学会が許可をだした専門医や経験豊富な医師のもとでないとこの検査を受けることはできません。
現在までに日本では51000人以上の女性がこの検査をうけました。
母親の血液に含まれる赤ちゃんのDNAを検査・分析することからその検査結果の精度は99%とされています。
この検査に興味を持たれた場合は、お近くの医療機関に問い合わせてみることをおすすめします。

新型出生前診断が行われ始めたことについての歴史

新型出生前診断が行われ始めたことについての歴史 新型出生前診断の歴史はもともと出生前診断は、胎児性別診断と血液検査のみが実用化されていました。
しかし、アメリカ合衆国の会社が2011年に開発しているMaterniT21によって胎児の染色体異常の診断が可能になります。
21トリソミーの診断が可能となった後に18トリソミーや13トリソミーが対照に加えられました。
2012年には他の会社も検査受託をはじめています。
新型出生前診断は国内では2013年に医学学会の認定や登録委員会によって認定された施設での検査が可能となりました。
2013年は国内では検査解析が実施できなくなり、採取された血液は全てアメリカへ全て空輸して検査されています。
2016年にはマタニティ・ゲノムと言われる新種の検査手法を開発しました。
この検査は胎児の全染色体の検査が可能となっています。
さらに羊水検査も診断できない遺伝子異常も検査が可能になります。
これらの検査は高齢出産を理由として行う人が多いと言われます。
アメリカでは2009年から3年間だけでも130万人の人が検査を受けています。
費用は健康保険の適用がなく自費扱いとなっています。
国内では20万円前後の負担となると言われます。
2016年には国内で検査した妊婦は約三万人となりました。